大阪・礒貝文子絵画教室
 

大阪府天王寺、高石市、和泉市の礒貝文子絵画教室。大阪府天王寺の美大、芸大受験の天王寺美術学院

 
受験生クラス
生徒募集 080-6183-5082

 



 
 京芸受験 美大受験 芸大受験 美術受験 天王寺                                            
   
美大、芸大受験の方はこちらをクリック↑  こども絵画教室をお探しの方はこちらをクリック↑
市内で受験をお探しの方はこちら↑ 美大、芸大受験クラス、和泉中央、なかもず、高石で
お探しの方はこちら↑
HOME»   大阪の絵画教室【礒貝文子絵画教室】のコラム»  【大阪】美術予備校と画塾の違い 京芸対策に強い大阪の受験予備校

【大阪】美術予備校と画塾の違い 京芸対策に強い大阪の受験予備校

大阪の美大・芸大を専攻する場合、専門のスクールに通うという学生も年々増えています。独学で勉強するより、京芸など美大の受験対策に強い美術予備校にも熱い視線が注がれています。また、画塾に進むという方も少なくなく、どちらを選ぶべきか悩む方は少なくありません。こちらでは、大阪で多くの受験対策にかかわってきた礒貝文子絵画教室が、美術予備校と画塾の違い、それぞれのメリットについてお伝えいたします。

美術予備校ってどんなところ?

webサイトのレイアウトをペンで書く

美術予備校とは、美大受験を専門に絵を書く力を鍛えてくれる場所を指します。受験合格を目指すには、学科は高校卒業レベルが必要になると同時に、中学・高校で行われるような美術の内容だけではまず受かりません。また、受ける大学によって求められる技術も変わってくるため、それぞれの学校に合わせた美術に関する学習を行うことができます。

基本的技術を高める

例えば、京芸対策として総合的に基本的技術を高めたいという方のサポートを行ってくれます。予備校によって合う・合わないもやはり出てくるため、色々と比較して自分に合った場所を探すことが成功の第一歩となるでしょう。独学で絵を勉強することに不安を覚えている方、デザイナーやアーティストなどの基礎力も早いうちに身につけておきたいと考えている方は、大阪の美術予備校の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

美術予備校と画塾との違いは?

立体のAとBを手の上に乗せる人

大阪の美大・芸大を目指している、または美術を学びたいと考えている高校生にとって、美術予備校と画塾どちらを選ぶべきか、悩んでいる方も多いでしょう。こちらでは、それぞれを紹介するとともに、違いについてまとめます。

美術予備校

学校法人が運営し、美大の入試対策に特化したスタイルとなっています。教わることができる内容は京芸対策をはじめ、志望校に必要な受験科に合わせた複数に渡る分野のカリキュラムが組まれます。美術予備校での指導方法は、美大や芸大出身の講師が専攻ごとに指導する形となります。また、美術的な部分以外にも必要となる学科対策も、同時進行で行えるのが強みと言えるでしょう。

画塾

画塾のスタイルは、画家が任意で私塾として開いているのがほとんどです。教える内容は塾や先生によって異なりますが、基本的には1分野についての授業が行われます。指導方法としては講師が直接指導をする他、仲間内で教え合うケースもあります。多くの画塾は、基本的に絵を描くこと自体を楽しむために、用意された場所であると言えるでしょう。

入試までにできる対策とは

京芸対策に強い大阪の美大芸大受験予備校

大阪市にある礒貝文子絵画教室が、美術予備校と画塾の違い、それぞれの絵画指導で心がけていることを詳しく紹介いたしました。習いたいことが学べる場所が近場にないとためらうかもしれませんが、美大の実技試験の受験対策など明確なジャンルや方法がわかっている場合は、目的に合ったところに通うことが大事です。大阪市にある礒貝文子絵画教室の天王寺美術学院は、京芸対策に強い美大芸大受験予備校です。関西の美大や京芸対策でお困りのことがあれば、気兼ねなくご連絡ください。

京芸対策に強い大阪の受験予備校に通うなら「礒貝文子絵画教室」

名前 礒貝文子絵画教室
住所 〒592-0014 大阪府高石市綾園1丁目5−8
TEL 080-6183-5082
FAX 072-262-8763
MAIL isogaikaigakyousitu@gmail.com
URL https://www.isogaiayakokaigakyoushitsu.com