大阪府天王寺、高石市、和泉市の礒貝文子絵画教室大阪府天王寺の美大、芸大受験の天王寺美術学院

 
受験生クラス
生徒募集 080-6183-5082

 

HOME»  絵画の豆知識»  絵と子供の心理

絵と子供の心理

子供絵画には、それぞれの子供の個性的な表現が見られます。絵は子供の想像力を高め、成長のサポートも行います。

子供の絵にはどのようなことが表現されているのでしょうか。

子供の心理を表す絵

子供は大人のように、言葉で上手く説明するということがまだできません。そんな子供の心理状態を、子供の描く絵や色を見て知ることができます。子供は素直なので、そのままの感情を絵に表現します。

例えば赤は元気があり、活動的で体調もいい状態です。しかし、塗り方が荒く黒と一緒に使われている場合は、愛情を求めており、自己主張の意味になります。ピンクは幸せを意味していますが、自己アピールを意味する色でもあります。自分を見てほしい、甘えたいという気持ちを表しています。黄色は楽しい感情の時に出てくる色で、ピンクと似たような意味を持っています。
いい絵というのは、子供の心理状態が落ち着いていることを表しています。

子供にとっての絵

溜まりすぎたストレスは、心身の健康に悪影響をもたらします。
そのため適度にストレスを解消し、心身の健康状態を維持する必要があります。子供も日々の生活の中で、ストレスが少しずつ溜まっています。

"ストレスが溜まっているな"と感じたら、画用紙やクレヨンを渡してください。子供は画用紙に向かって好き勝手に絵を描くことで、ストレスを発散します。思うままに絵を描くことは子供にとって大事なことで、同時にストレスを発散するための大切な行動でもあります。絵は子供に癒やしをもたらしてくれる存在です。絵を描いたり見たりすることで脳に様々な刺激が与えられ、子供の感情表現を豊かにし、成長を促してくれます。子供絵画はお子様の習い事にはピッタリです。

大阪にある礒貝文子絵画教室は、子供から大人まで幅広い世代の方が通える人気の絵画教室です。
幼稚園~中学生クラスでは、絵画・立体など多彩な授業内容により、お子様の感性・個性・想像力を引き出し最後まで粘り強くやりぬく子、自分に自信を持てる子を育てることを目指します。定期的に子供絵画コンテストなどにも参加し、当校の生徒作品が選ばれ受賞もいただきました。高石校・和泉中央校・堺中百舌鳥校など、大阪を中心にいくつか教室がありますので、子供の個性を伸ばしたいとお考えの方は、ぜひ礒貝文子絵画教室へお越しください。